消費者金融

消費者金融を選ぶポイントは低金利

年末年始は出費も多くなりがちな時期ですね。
そんな時、どうしても現金が必要だけど、貯金もない、借りれる家族や親せきもいないとなると焦ってしまうかもしれません。

 

ここで頼りになるのが消費者金融のキャッシングです。
借りたい時に、最寄りのATMで引き出せたり、銀行口座に振込みしてもらって融資を受ける事ができるのです。

 

しかし実際に融資を受ける前に、きちんと計画して信頼できる低金利の消費者金融を選ぶことは大切です。

 

なぜ低金利の消費者金融を選ぶ必要があるのでしょうか?
その前に金利とは何かについて考えましょう。

 

金利とは簡単にいうと、お金の貸し借りに対する使用料のことで、元金つまり本来借り入れした金額とは別に業者に支払わなければならないお金の率のことを指します。
ですからこの金利が低ければ低いほど、消費者金融会社に支払う金額が少なくて済むという訳です。

 

お金に困って消費者金融から融資を受けようとしているわけですから、金利が低ければ低いほど負担も減りますし、返済もしやすくなります。
ですから山ほどある消費者金融会社の中から選ぶのに低金利という条件はとても大きなポイントです。

 

では一般的に、低金利なのかそうでないのかどこで判断すればよいのでしょうか?
よく消費者金融の広告で金利が記載されている場合、〇〇%〜〇〇%と表記されています。

 

これは、毎日つく利息に対しての最低値と最大値を表していますが、最低値を見て金利が低いと思い申し込むのは危険です。
なぜなら、ほぼキャッシングの初回契約では最大金利が適応されるからです。

 

ですから低金利の消費者金融を探す場合はまず上限金利を見て判断しましょう。