消費者金融

消費者金融で借りれるのは年収の3分の1まで!

消費者金融でキャッシングする際、是非覚えておきたい法律があります。
それは貸金業法の中に含まれる総量規制というものです。

 

これはどのような規制なのでしょうか?
消費者金融は一般的に個人に基本的に高めの金利で融資を行っています。

 

それで2016年6月にこの貸金業法が改正され、個人が高額な借り入れで借金地獄に陥ることがないようにと定められたのがこの総量規制です。
この総量規制には二つのルールがあります。

 

一つ目は貸金業者からの借り入れは年収の3分の1まで
二つ目は50万円を超える借り入れには収入証明書の提出が必要という点です。

 

消費者金融はこの貸金業者という部類に含まれますので、消費者金融で融資を受ける際、年収の3分の1以上は借りられないという事を覚えておきましょう。
これは一社ごと年収の3分の1ということではなく、借入総額が年収の3分の1までです。

 

ですから例えば年収300万円の人は最大100万までしか借りられません。
収入の低い人は、消費者金融でも借りられる金額が限られるという訳です。

 

また収入が全くない人や専業主婦などはこの総量規制の導入により、基本的に消費者金融での借り入れは出来なくなりました。
つまり年収が0円なので融資できる金額も0円というわけです。

 

銀行などはこの最大年収3分の1しか借りられないという総量規制の対象外になりますので、専業主婦の方で旦那さんに安定した収入がありどうしても現金が必要という場合は、銀行のカードローンなど検討してみると良いかもしれません。